文字サイズ

リウマチQ&A現場で活躍する医療の専門家が答える

メールアドレス、個人情報などの登録なしで質問ができます

(確認画面があります)

回答あり

  • 印刷

CARF陽性

初めてご相談します。
二ヶ月ぐらい前から両手指のいろいろな部分がチリチリと一瞬痛んだり、腫れではないが赤みがかったりしたことから先日リウマチ科を受診しました。レントゲン所見なし、こわばりなし、腫れなしでしたが、血液検査でcarfが6.1となりました。抗CCP抗体は2以下でした。検査結果が出る前は先生は通風の既往があることからそれが手に出ているのではと言っていましたが、結果後は極めて早期のリウマチであろうとの見解を示されました。指標の信頼度として抗ccpよりcarf の数値の信頼度の方が高いのでしょうか。ご教示方お願いします。

質問者:ようこみさん 2017/01/13 20:42 【カテゴリー:診断

1件の回答があります。

回答者

伊藤 淳
<医師>

専門家の回答

回答日時:2017/01/14 08:55

抗ガラクトース欠損IgG抗体(carf)は、早期の関節リウマチあるいは、従来法でリウマチ因子陰性の関節リウマチの診断で有効とされています。基準値は6(AU/ml)未満となっています。質問者様のcarf値は軽度ながら基準値以上のため、きわめて早期の関節リウマチと判断されているのでしょう。抗CCP抗体は基準値の範囲内です。抗CCP抗体とリウマチ因子では、前者の方が重要と考えられていますが、抗ccp抗体よりcarf の数値の信頼度の方が高いのかどうかは、文献上では見当たりませんでした。

伊藤 淳 医師 相模大野駅前タワー整形外科・リウマチ科

ホームページ

痛みは患者様が一番辛いこと。当院では、痛みを取るために速やかな診断を行います。
また「疾患を診る以上に患者様の暮らしを見る」ことを心がけています。
地域の一員として暮らしの中に根ざした治療を目指ています。