文字サイズ

リウマチQ&A現場で活躍する医療の専門家が答える

メールアドレス、個人情報などの登録なしで質問ができます

(確認画面があります)

回答あり

  • 印刷

ヒュミラと腰痛 他

大変、お世話になります。今年5月よりヒュミラを使用し始めました。現在4回目の投与中終わりました。メトトレキサートは肝臓値が60と先月言われましたので週6錠剤にして、フォリアミン土曜日 2錠 服用しています。ヒュミラの効果は出ていません。錠剤を減らしてから落ち着いていた痛みもまた傷み始めました。

最近では、腰痛に悩まされています。強直性能脊椎炎と症状が似ていて心配しています。炎症反応は先月の結果では基準値内で、抗体ccp抗体が今年5月の検査では129でした。
上記の病気はヒト型白血球抗体が関係している。と記載して有りましたが、これはどういう意味なのでしょうか?
ヒュミラの成分もヒ型と記載されていましたが、ヒト型白血球抗体という成分の事なのでしょうか?
ヒュミラ投与後に腰痛や臀部痛が出てきた様に思います。
この病気はヒュミラ投与すると罹患するのでしょうか?
また、皮膚がたまにかゆくなり水疱が出来る様にもなりました。
 ヒュミラを投与しても痛みが強くなるばかりです。3ヶ月経過観察と主治医から言われてますが、違う製剤に変えるにはやはりまだ時期が早いのでしょうか?

血液検査と症状は比例しないのは、何故ですか?

質問者:ローズさん 2018/07/13 01:33 【カテゴリー:症状

1件の回答があります。

回答者

伊藤 淳
<医師>

専門家の回答

回答日時:2018/07/13 08:18

腰痛と関節リウマチは通常、関係がないと思われます。言い換えると、腰痛が関節リウマチの症状でなければ、リウマチの治療を行っても、腰痛や臀部痛が改善することはありません。その他の関節に痛みかあるか明確な記載がないので、治療効果についてはわかりません。また、関節リウマチに対して、各種治療薬の有効性を見るのに約3ヶ月の経過を見ると行ったことは、担当医の言う通りと考ええます。

伊藤 淳 医師 相模大野駅前タワー整形外科・リウマチ科

ホームページ

痛みは患者様が一番辛いこと。当院では、痛みを取るために速やかな診断を行います。
また「疾患を診る以上に患者様の暮らしを見る」ことを心がけています。
地域の一員として暮らしの中に根ざした治療を目指ています。