文字サイズ

リウマチQ&A現場で活躍する医療の専門家が答える

メールアドレス、個人情報などの登録なしで質問ができます

(確認画面があります)

回答あり

  • 印刷

何故、良くならないのか??

大変、お世話になります。抗ccp抗体は、今年5月の検査では129 mmp-3 crp 血沈速度等々は基準値の範囲内の数値となりました。油断は出来ないのですが、少しほっとしました。けれど、症状は半年前より悪くなっています。半年近く右手指4本の腫れ、足裏の傷み。また、先月から両手の手の平が腱鞘炎とかで腫れあがり生活に支障が出てます。ヒュミラは先月から本日までで、3本投与しました。血液検査はほぼ正常なのに、なぜ、症状は半年たった現在も改善しないのでしょうか???

質問者:マロンさん 2018/06/28 22:20 【カテゴリー:症状

1件の回答があります。

回答者

伊藤 淳
<医師>

専門家の回答

回答日時:2018/06/29 08:26

抗CCP抗体の高値と手指の痛みとのことですが、症状が改善しない理由として、2つのことを考えます。一つは、ヒュミラの投与回数がまだ足りないか、ヒュミラが聞きにくいタイプのリウマチであることです。もう一つは、手指の痛みがリウマチとは全く関係ない、腱鞘炎や関節の障害であることです。前者であれば、しばらく注射継続後も効果なければ投薬の変更、後者であれば腱鞘炎の治療等を行うことです。

伊藤 淳 医師 相模大野駅前タワー整形外科・リウマチ科

ホームページ

痛みは患者様が一番辛いこと。当院では、痛みを取るために速やかな診断を行います。
また「疾患を診る以上に患者様の暮らしを見る」ことを心がけています。
地域の一員として暮らしの中に根ざした治療を目指ています。