文字サイズ

リウマチQ&A現場で活躍する医療の専門家が答える

メールアドレス、個人情報などの登録なしで質問ができます

(確認画面があります)

回答あり

  • 印刷

リウマチと乳酸菌の関係について

宜しくお願い致します。口腔環境のためにロイテリ菌タブレットを食べるようにしていますが、リウマチを患っている人では腸内でロイテリ菌が多く、薬などでリウマチが改善するとロイテリ菌も減少するというデータがあることを知りました。ロイテリ菌は本来、善玉菌なので体にいい菌ですが、リウマチを患っている場合はこのような乳酸菌は摂らないほうがいいのでしょうか。

質問者:匿名希望さん 2018/04/02 23:29 【カテゴリー:食事

1件の回答があります。

回答者

伊藤 淳
<医師>

専門家の回答

回答日時:2018/04/03 08:31

腸内細菌が、関節炎を抑えたり、増悪させたりすると行った現象は、30年程度前にマウスやラットの関節炎モデルの実験で報告されています。また、ある種のウイルスも関節炎を増強させるとした論文も出ています。人の関節炎においても細菌との関連を強く疑わせるものもあり、ライター病がその1例であると思います。人の関節リウマチでも古くから関連を研究した論文が多数出ています。しかしながら、治療レベルに役立つものとはなっておりません。したがって、リウマチの治療のため特定の腸内細菌(または成分)を摂取することは、有効性がないと考えた方が妥当です。一方、細菌が関節リウマチに影響を与える可能性は充分にあります。質問様は、他の目的で細菌(成分)を摂取されているようですが、疾患の治療中は、ご案内のものを含め、サプリメントなど特定のものを摂取することは避けるべきと考えています。

伊藤 淳 医師 相模大野駅前タワー整形外科・リウマチ科

ホームページ

痛みは患者様が一番辛いこと。当院では、痛みを取るために速やかな診断を行います。
また「疾患を診る以上に患者様の暮らしを見る」ことを心がけています。
地域の一員として暮らしの中に根ざした治療を目指ています。