文字サイズ

リウマチQ&A現場で活躍する医療の専門家が答える

メールアドレス、個人情報などの登録なしで質問ができます

(確認画面があります)

回答あり

  • 印刷

女性ホルモンとの関係

女性ホルモンとの関係で質問があります。57才女性、関節リウマチ治療中です。糖尿病でインスリン治療もしています。糖尿病のコントロールは悪くないので感染しやすくなることはないと言われています。暖かくなったこともあり痛みはかなり治まりました。しかしこのところ膀胱炎を繰り返したり風邪を引きやすい状態です。今回腟炎で婦人科の先生にエストリオール腟錠が処方されました。関節リウマチが女性に多いのは女性ホルモンが自己免疫の活動を強めるからと言う説が有ることを知りました。ということは女性ホルモン剤は使用しない方が良いのでしょうか?折角良くなっているのにまた悪くなることはないでしょうか?

質問者:匿名希望さん 2017/04/18 21:45 【カテゴリー:その他

1件の回答があります。

回答者

伊藤 淳
<医師>

専門家の回答

回答日時:2017/04/19 07:57

関節リウマチは男性より女性に数倍多く発症します。女性ホルモンが何らかの影響があることは否定できませんが、圧倒的な影響があるのであれば、閉経とともにリウマチは発症しなくなるか、症状が軽くなるはずです。現実にはこのようなことはありません。したがって、女性ホルモンの影響を過剰に心配せず、婦人科医の指示に従い、膣炎の治療をするのがよいと考えます。

伊藤 淳 医師 相模大野駅前タワー整形外科・リウマチ科

ホームページ

痛みは患者様が一番辛いこと。当院では、痛みを取るために速やかな診断を行います。
また「疾患を診る以上に患者様の暮らしを見る」ことを心がけています。
地域の一員として暮らしの中に根ざした治療を目指ています。